ホーム > コリがもたらす意外な症状 > 便秘の原因は筋肉のコリかも

便秘の原因は筋肉のコリかも

腸の蠕動運動は、脳幹が司っています。ストレスが多い生活が続くと、脳幹は交感神経優位になるよう指令を出します。すると、副交感神経の働きが低下します。
一方で、脳神経の一つである迷走神経は、消化や心拍といった内臓の働きを制御する役割がありますが、実は副交感神経に属します。つまり、不安や絶望、罪悪感、怒りといった感情で神経が参っていると、免疫が下がり、消化不良を起こしたり、便秘、不整脈などの症状が表れてくることになります。

これは一説にすぎませんが、筋肉のコリは迷走神経に影響を及ぼします。首のコリがそこを通っている迷走神経を圧迫し、内臓の働きに影響を及ぼすのはその一例です。筋肉の張りは、消化器官の働きを独自にあるいは迷走神経と共に制御する腸管神経の神経伝達を阻害することも考えられます。

実体験においては、マッサージで凝っていた筋肉がほぐれた途端に腸の活動を感じられたということが報告されています。このことは、この説を裏付ける一例と言えるでしょう。神経節を通じてつながっているので、筋肉のコリを解消することで迷走神経や腸管神経を刺激することになるのです。

Top